ゼファー400(zephyr400)買取査定相場

ゼファー400(zephyr400)を高額で買取してもらう裏ワザ!(査定、相場)

ゼファー400(zephyr400)買取査定相場

 

ゼファー400(zephyr400)は、カワサキが製造販売していた普通自動二輪車で、今でも人気が高く需要の多いオートバイです。もともと400ccのみの製造を予定していましたが、あまりの要望の多さに750ccや1100ccも追加で製造販売したことからも、このシリーズの人気の高さがうかがえます。空冷DOHC2バルブ並列4気筒エンジンを搭載しおり、レーサーレプリカ全盛時代には、カウルなしの懐かしいレトロなスタイルを前面に押したオートバイです。ネイキッドスタイルのブーム火付け役となったのが、このゼファー400(zephyr400)なのです。4気筒なので走行時の振動も少なく、長時間快適な走りが楽しめます。驚異的な馬力は、ユーザーのバイク選びの方向性を替えていき、カワサキの二輪事業自体にも大きく影響を及ぼすほどでした。大胆なデザインのわりにコンパクトで足付きもよく、女性でも乗りやすいフォルムが特徴の1つになっています。西風を意味するゼファー(zephyr)は、販売当時すでにフォードが製造していた四輪自動車に使用していた名前ですが、カワサキの二輪車事業拠点工場である明石工場から、業界に新風を送り込む意味合いを込めて名付けられるようにと、フォードと交渉し使用権を得るほど、ゼファー400(zephyr400)への力の入れ具合が伺えることでしょう。販売当時では珍しく、燃料タンクに車名「ZEPHYR」,サイドカバーに「Kawasaki」のメーカーロゴを入れたことでも話題になりました。市場に出回っているゼファー400(zephyr400)は数多くありますが、ゼファー400(zephyr400)買取査定相場を知ることで、適正な価格で売買することも可能になります。

 

 

ゼファー400(zephyr400)買取査定相場の幅
ゼファーシリーズの750ccモデルは、大型自動二輪の教習車としても各地で広く使用されましたが、自動車排ガス規制の影響を受け生産の幅が減少、400ccのZEPHYRxは、規制強化された後、2008年9月には製造が終了されています。ゼファー400(zephyr400)は、オートバイらしさを追求したデザインで、スポーティながら、普段の走りやすさにもこだわった車種です。人気のゼファーシリーズの定番カラーともいえば「火の玉カラー」ですが、ゼファー400(zephyr400)買取査定相場にもカラーは影響してきます。鋼管フレームや丸目一灯、ノンカウル、空冷直列4気筒エンジンなど、オートバイ好きにはたまらないフォルムや機能を備えています。中でも、数多く販売されているゼファーシリーズの人気の中心となったのが、ゼファー400(zephyr400)でしたので、いまだにその人気は不動です。ゼファー400(zephyr400)買取査定相場高めに設定されています。

 

実際にゼファー400(zephyr400)買取査定相場を確認
ゼファー400(zephyr400)買取査定相場を調べる際には、一括で数多くの業者の買取相場を知ることで、自分の希望に合わせた条件などを探しやすくなります。業者によっては、無料で出張査定をしてくれるところもあります。また、査定士の資格を持っている職員を配置し、信頼できる業者もありますので、よく見極めましょう。オートバイの買取業界には買取基準価格もありますが、ゼファー400(zephyr400)買取査定相場にも、大まかに見て車体の条件にもよりますが、220,000円から1,050,000円くらいまで幅があります。パソコンで一括査定の依頼をすると、すぐにゼファー400(zephyr400)買取査定相場がつかめますし、一番よい条件を選び出張買取を依頼するのもよいでしょう。